最近は引き寄せの法則を新たに勉強し、

ある意味での認知行動療法っていうか、

ポジティブシンキングをしていきたい今日この頃。

ザ・シークレット 人生を変えた人たちを読んだので、

何回かに分けて感想を書いていきたい。

今回は第5回目でございます。




喜ばしくない何かについて考えはじめ、そのことについて


考えれば考えるほど、物事が悪化したように感じられた経験はないでしょうか?


これは、一つの継続的な思考を抱くと、


引き寄せの法則が即座により多くの、似通った思考を


あなたにもたらすためです。


ありがたいのは、その逆もまた然りだということです。



ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン
P71




うーん。あるあるですねぇ。

いつも大先生に怒られないためにどうするかばかり、

考えてしまっているので、結局怒られてしまうんだろうな。

怒られても引きずることが多いので、

それでますます引き寄せの法則が作用してしまって、

怒られるという負のスパイラルに陥ってしまうわけだ。

逆もまた然りということは、

やはり、思考をいいことを考えることに使うことが

ある意味怒られるという出来事を引き寄せないために、

重要なことなのかもしれないな。

いいことって言ってもなかなか難しいのだが、

こうだったらいいなあ、みたいなことを考えていくのが、

ええのではないかな?

明日だったら異動が決まっていいところに行っているイメージをもち

怒られても右から左に受け流す。

実際、異動は明日には幹部が決めてしまってるので、

うまく引き寄せられるか心配ではあるのだが、

どうだろうか。


今幸せになりましょう。今、いい気分になりましょう。


あなたがしなくてはならないのはそれだけです。


もしそれが、あなたがこの本を読んで得る唯一のものならば、


あなたは、「ザ・シークレット」の


偉大な真実を受け取ったということです。



ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

P80



大事な考え方ですな。

今いい気分になりましょうってのが大事なこと。

怒られても、嫌な気分になってもうまく切り替えて、

気分だけでもポジティブでいるのが、

この引き寄せの法則のコツみたいなものだからな。

「あなたがしなくてはならないのはそれだけです」

ってあるように、とにかくポジティブシンキング。

それが、引き寄せの法則のポイントなのだからね。


お金が足りないという思考を、お金は十分にあるという思考に


転換させる必要があります。


不足よりも豊かさの思考を多く持ちましょう。


そうすればあなたは状況を変えることができます。


ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

P85



第3章 お金編でございます。

この本を読む前から、引き寄せの法則は多少知識があったので、

金に関しては足りないという意識を持たないようにしているおかげか、

安月給でも困ってない。しかし、節約できるところは節約して、

お金も引き寄せられるのであれば引き寄せたいよね。

基本的に、お金がないのであることが出来ないという思考ではなく

これがしたいということにフォーカスしていることで、

金は後からついてくるというのが引き寄せの法則ですので、

わしも、あれがしたいなぁ、これが買いたいなぁと、

今はそれどころではないので考えていないが、

余裕が出来たらそういうのにもフォーカスして、

豊かな生活というものを味わってみたいものですなぁ。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


なるほどなぁと思った方はポチっとしていただけると
興奮します。