最近は引き寄せの法則を新たに勉強し、

ある意味での認知行動療法っていうか、

ポジティブシンキングをしていきたい今日この頃。

ザ・シークレット 人生を変えた人たちを読んだので、

何回かに分けて感想を書いていきたい。

今回は第8回目でございます。

すべてのストレスは一つのネガティブな思考から始まります。


歯止めが利かなくなった一つの思考が、ストレスが姿を現すまで、


別の思考、そしてまた別の思考へと続いてゆくのです。


結果はストレスですが、その原因となるのはネガティブシンキングです。


すべては一つのネガティブシンキングによって引き起こされるのです。


どのようなことが心に浮かんだとしても、それを変えるのは可能です。


たった一つの小さなポジティブな思考が


次のポジティブな思考へとつながるのです。



ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

P148




今現在は、一時期よりは落ち着いているものの、

ストレスは高い状態でございますなぁ。

ザ・シークレット的に言えば、

一つのネガティブシンキングがこの状態を作っていると。

まぁ、大先生におんぎゃあされたらどうしよう、という

ネガティブ思考がストレスにつながっているわけでございますな。

そいつをポジティブ思考にもっていくには、

おんぎゃあされたらどうしようということを考えない。

やっぱり考えない事なんだよな。

そのことをフォーカスしちゃうと引き寄せちゃうんだから、

おんぎゃあされても右から左に受け流す・・。

そして、今は上半期で切り身加工が減って、

大先生は負担軽減でおおむね機嫌がいいぞという

ポジティブシンキングで仕事をする。

当然、ミスやら隙を見せてはいけないんですが。

あと、ポジティブに考えられそうなこととしては、

異動の事だよなぁ。

大体1年過ぎれば異動のチャンスが巡ってきやすい。

異動する奴はどんな間隔でもするちゃあするが、

1年たったのだから候補になるわけですので、

それを信じていく。

1年たったのだからいつでも異動候補になるってな。

そうやって、そういう方向に意識をフォーカスすれば、

考えていることはポジティブシンキングなわけだから、

正の循環状態になり、

いいことが引き寄せられるってもんだな。

逆に、おんぎゃあされることを考えると、

負の循環に陥り、嫌なことが起こり

ストレスがたまるというわけだな。

小さなことでいいとあるわけだから、

・異動候補になっている

・大先生は最近機嫌がいい

・玄関掃除で運気を上げているから大丈夫

・オナ禁でストレス耐性をつけている

・筋トレでストレスを抜いている

こんな感じで、考えていき正の循環に入りたいよね。


ストレスを感じていると、望みをかなえることはできません。


まず解消すべきはストレスと緊張感です。


ストレスの感情は、自分はほしいものを手に入れてないと


強く言っているのです。ストレスや緊張は信頼の欠如です。


ですからストレスや緊張をなくすためにあなたのすべきことは、


信頼を強化することだけです!



ザ・シークレット 人生を変えた人たち ロンダ・バーン

P153



また難しいことがきたわ。

ストレス状態では望みをかなえることができない・・。

しかし、環境がストレスマックス状態。

・一日平均13時間労働

・常に罵声を浴びる(最近は少ないかな)

こんな感じでストレスを受けているわけだが

労働時間はこれはなかなか解決しない。

人手不足でやる仕事が多すぎるので、結果帰れないのだ。

罵声に関しては最近少なくなったとはいえ、





すぐに復活しかねない状態でもあるので、

ストレスというか緊張感はあるわな。

緊張感も解消しないといけないんだって、

信頼していないからあかんということは、

信頼しなくてはいけないとなると、

上のポジティブリストですか

・異動候補になっている

・大先生は最近機嫌がいい

・玄関掃除で運気を上げているから大丈夫

・オナ禁でストレス耐性をつけている

・筋トレでストレスを抜いている

でございますが、これを強く信じて、

毎日、やっていけば望みが叶うってわけか。


ホンマかいな?

ポジティブ思考を信じてやっていけば少しは違うかな?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村